南インド

  記事は上から新着順です。つまり古い記事は下

さようならチェンナイ

 びっくりした。ショックだった。意味がわからなかった。頭が真っ白になった。呆然とした。そしてその直後、気が動転して飛び起きた。 俺は今チェンナイにいる。旅立ちの前の夜、僕は久々にビールを飲んで安らかに眠っていた。夢うつつの僕。何か、とても心地よい感覚になった。ハッとした。 この歳になっておねし...

続きを読む >

チェンナイでダラダラと

チェンナイの通り

 極貧Y君に連れて行かれたランチ。そこは、見るからに高級なレストランでした。。 おいおいおいおい君、そんな身分じゃねえだろ!こんなところに来てたのかよ。いやー、相変わらずだ。しかもY君金ないからとりあえず俺が立て替え(笑)。 広くてきれいでエアコン効いてる店内に、客は俺たちだけ。とりあえず食っ...

続きを読む >

再会、説得、真相

チェンナイの宿

 えーっと、中央駅からクソ暑い中歩いて歩いてフラフラになってやばい状態になった頃宿に到着した、ってことでしたね。そして汗で全身ずぶぬれになっていたこともあり、飛び込むようにシャワーに行ったわけだ。さっぱりしてソフトドリンクを飲んでようやく復活しました。そうだ、今まで言及してなかったかもしれない...

続きを読む >

大都市チェンナイ

チェンナイ中央駅

 マドゥライを出発した夜行列車は、ほぼ定刻通りにチェンナイ・エグモア駅に到着。さすがにインド4大都市のひとつだけあり、巨大な街ですわ。人の多さが尋常でなく、暑さもこれまた尋常でなく、さらに湿気も尋常ではない。もうね、不快以外の言葉が見つかりません。そして恒例の宿探し。ああ、めんどくさい。クソ重...

続きを読む >

トムとジェリーに衝撃を受ける

ロイヤルエンフィールド

 マドゥライをうろつく俺は写真屋に向かっている。近々日本に出す手紙に同封するための写真を印刷しに行く。写真屋はどこにでもあり、マドゥライのような大きな町にはたくさんある。インドのデジタルプリントはどんなものなのか興味深かったのだがいたって普通。SDカードを渡してPCに読み込む。そこで一緒に画面...

続きを読む >

マドゥライ観光でもしようか

マドゥライの宿

 昨夜マドゥライに到着し、吐瀉物のような夕食をとり、汚すぎるシャワー室で汗を流し、これまた汚すぎるベッドで南京虫やダニカビその他害虫に怯えながら眠ったわけですが、今朝は早起きしました。それはなぜか。。涼しいうちにさっさと観光を済ませるためです。 マドゥライの観光地といえば、ミーナクシー寺院であ...

続きを読む >

もう限界。マドゥライへ行く

ゲロのような

 カンニャークマリでゴロゴロして1週間。ドロドロに腐っていたがようやくここを旅立つ刻がきた。チェックアウトは14:00。南インドのゲストハウスは24時間制が多く、使い方によっては非常に便利。まあ悪くもあるけど。これからマドゥライへ向かいます。 カンニャークマリ最後の朝食はやっぱりバナナ。レッド...

続きを読む >

ほんとに飽きたよ!

おひるごはん

 カンニャークマリに来てもう6日経つ。この地に訪れた者はヴィーヴェカナンダ岩とかガーンディ記念堂に行くのが基本。当たり前。自然。王道。しかし俺は本当に暇なくせにどこにも観光に行っていない。でも興味がないから仕方ない。高いネットカフェにでも行くか。『Kさんが、そろそろシン君から手紙が来てもいい頃...

続きを読む >

飽きた

カンニャークマリの寺院

 食い過ぎで胃もたれ。インドに来てから胃もたれは初めてかもしれない。やっぱりパンのせいかな。パンじゃなくてパイを食ったんだ。クソ不味くてクソ甘いパイ。拷問だったよ。インドのお菓子の甘さはおかしい。 さて、カンニャークマリ滞在3日目。もう暇になっちゃった。里帰りも3日目はもう暇で仕方ないよね。と...

続きを読む >

カンニャークマリの朝日

サンライズ

 カンニャークマリ2日目。この土地に来た者は必ずサンライズを見なければならないという鉄の掟がある。早起きするのはいやなんだけど、掟だから仕方ないよ。4時起き。外はまだ真っ暗。暗い海に出かけるのもオツだけど、相変わらず野犬が心配。狂犬病が心配。以前テレビで狂犬病患者の断末魔の最期を見て以来、すっ...

続きを読む >

インド最南端の町へ

カンニャークマリの荒海

 世界一じめじめした町コーチンにいます。南インドの港町です。私は今、コーチンの宿におります。時間は早朝3:00。おかあさん、僕はこれから次なる町に旅立ちます。インド最南端の町・カンニャークマリへ。 4時前にはチェックアウト。移動手段はもちろん列車。俺の泊まった宿は、エルナクラム・ジャンクション...

続きを読む >

コーチンをさまよって

コーチンの伝統漁法

 下ネタを話しながらリキシャーで移動。チャイニーズフィッシングネットというものを見に行ってみる。これはコーチン独特の漁法で、文字どおり中国から伝わった技法らしい。写真を見ればわかるように、大きな網で一気に獲る。大きな装置とその操作が実にダイナミックである。網を上げた時、それはもう大量のお魚がぴ...

続きを読む >

港町コーチン

コーチン

 早朝4:45、コーチンのエルナクラム駅に到着。2夜にわたる長い旅だった。だがここからさらにジャンクション駅に行かなければならない。どうやって行けばいいのかわからないので、居眠り真っ最中のエンクワイアリースタッフを起こして聞く。5:20発、2番線と教えてくれる。 南インドにやってきました。イン...

続きを読む >