ネパール行きの準備

 ネパール入りの準備のため、バラナシに戻ってまいりました。準備といっても両替や交通手段の確保くらいで、1日ほどあればすべてできるんだけど、他にやることもあるんだ。また俺はこの街が大好きでかなり落ち着く場所のため、少し滞在してもいいかなって。

 他にやることがあるというのは、ムルジさんとの再会である。彼の町でお世話になったのは3ヶ月ほど前になるんだけど、そのタイミングで荷物が届くように日本に手配しておりました。インドのひどい配達事情のため、一向に届く気配がなく、少し前にようやく届いたとの連絡をもらっていた。荷物というのはムルジさんたちへの贈り物がほとんどなのだが、一部俺が所望したものもあった。さらにもうひとつ荷物が送られており、それは彼女からの物である。
 その荷物をムルジさんがわざわざバラナシまで持ってきてくれるという。いやいやいや、それはさすがに申し訳ないから、と何度も断ったんだけど、親切きわまるムルジさんは断固として来ると言ってくれた。

 その受け渡しが今日の予定で、一昨日彼の携帯に電話し、バラナシ駅到着時間を確認していた。

 というところから、この日の日記が始まります。待ち合わせは朝7:30だったんだけど、俺が起床した時間が何と7:30。もうアウトじゃん(笑) いや笑えない。インドの列車のことだから遅れる可能性は高いものの、いつも遅れてほしい時に限って定刻だったりするんだ。すぐさま飛び起きて電話屋にかけこみ、ムルジさんに電話をする。

 「ムルジさん!俺、シン!ごめん今起きたの。寝坊しちゃってごめん!すぐ行くから待っててください><」
 「ん? ああ、まだ家出てない(笑)」

 ズコーーーーーッ!

 「今日そっちに向かうよ。14時頃モラダバル行くから、バラナシにつくのは明日の朝6時くらいだな」

20110518_1.jpg さて!今日一日をどう過ごしましょうか。とりあえずネパール行きのバスチケットの手配とお金の両替。それが終わればもう暇で仕方ないので、日本人のたまり場にお邪魔する。ドルが欲しくて両替してくれる人を探しに行ったわけですが、案の定してくれるという人がいた。ありがたい。彼はバックパックの中から財布を出そうと探すものの・・・・・・・・・ない。バックパックの中を全て出しても見つからない。やられたようです。もうすぐ帰国だった彼の所持金約10万円、すべて盗まれたようです。
 彼はコルカタのマザーハウスでボランティアを体験。有意義な時間と達成感に満足しつつ、このバラナシに観光に来ていた。そして次はタージマハルを見に移動しようという矢先のこと。大変気の毒だった。だが、貴重品は常に身につけてないといけないでしょう。彼のバックパックを見てもカギが付いていない。彼の泊まっていたというプ〇〇〇〇ゲストハウスは有名な泥棒宿だ。インドでは性悪説で物事を考えないといけない。用心し過ぎるくらいでちょうどいい。自業自得・・。青ざめた彼はゲストハウスへ突っ走り、残された俺たちは溜息をつくだけだった。

 ネパール入国を3日後に控え、もうひとつやっておくことがあった。証明写真の撮影。イミグレーションでは証明写真が必要なんだけど、俺が日本で撮って持ってきた写真と今の自分は別人なの。ひげが伸び過ぎ。イミグレでいちゃもんつけられたらやだし、今の自分を撮っておこうと。というわけで、写真屋に行く。バラナシには写真屋もたくさんある。設備は意外としっかりしてて、仕上がりは明日。

 いよいよ暇になったらガンジス川に行けばいい。行っても暇なんだけど。とりあえずガートに行けば、何かしらの光景は見られる。相変わらず人がたくさん。インド人も観光客も。そしてなんと、水泳大会が行われていた(笑)。よくこんな水で泳げるわ。声をかけてくるインド人、ブッダガヤで出会った人との再会、同じ宿の隣の部屋の人たち、夕方になるとみんなここに集まるのかな。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
365e522d1e28623668442f5583a65088.png?1498620452
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: