• TOP
  • インド旅行記

インド旅行記

最初から読む 2015再訪編へ

新着旅行記事

  記事は上から新着順です。つまり古い記事は下

ルンビニ観光

ルンビニのミャンマー寺

 ネパールのルンビニの韓国寺に泊まっております。朝6:00、「Breakfast」というありがたいお言葉で起こされる。今は雨季。雨がしとしと降っております。朝食もダルバートで、相変わらずおいしいっす。ただちょっとパクチーがきついんだ。コリアンだけにコリアンダーが強いんだろうね。朝食にはキムチは...

続きを読む >

巨大ストゥーパに失望

ボダナートの巨大ストゥーパ

 無職のくせに7時起き。気持ちのよいカトマンズでは目覚めも爽やか。とりあえず朝食を調達しに出かける。スーパーも兼ねているベーカリーが早くから開いているのでそこへ。今後の節約のため、朝は食パンにする。さすがにパンだけだと拷問なので、ピーナツバターを1ボトル買っておく。早朝のタメル地区は静かなもの...

続きを読む >

カトマンズ観光 スワヤンブナートへ

スワヤンブナート

 ダルバール広場でしばらくくつろいでおります。さすがに外国人の姿も多いです。前回も書いたとおり、声をかけてくる者がプッシャーくらいしかいないため、退屈になる。というわけでそろそろ飽きたので帰ることにする。地図を持っていないので、なんとなく宿の方向に歩きだす。小さな街だから問題ない。地図を持たず...

続きを読む >

ネパールカトマンズ観光

ダルバール広場の建造物

 カトマンズは天国。気候が快適過ぎる。こんなに気持ちよく目覚めた朝があっただろうか。いや、ない。カトマンズ2日目です。市内の観光に行ってまいります。カトマンズ随一の観光地といえばダルバール広場(ですよね)。相変わらず地図を持たず、またロクに地図もチェックせずに出かけたところ、案の定迷子。迷子に...

続きを読む >

ブッダガヤ観光

どっかの寺の中

 とても寝苦しかったが朝方はだいぶ涼しくなっていた。6時前に起きる。なぜ無職の自由な旅人である僕がこんなに早起きしたのかというと、マハボディ寺院の菩提樹の下で瞑想をしようと思って。自己満足なんですけどね。寺院に向かって歩いていると、日本語で声をかけてくる者が。またインド人のバカ者か、と思ったら...

続きを読む >

こんにちはブッダガヤ

ドミ

 列車はさらに遅れております。列車内では相変わらずやることがないのでずっと横たわっている。腰が痛くなるんだよね。腹が減っているが、こういうときに限って車内販売が一向に来ない。あ!来た! チャイですわ。飲み物は水でいいよ。それにしてもチャイの売れ行きはすごい。大人気。列車は停車駅に止まると10分...

続きを読む >

プリーの海で

漁師集落

 プリーといえば海。きったない海。日本海のように寒々とした海。そろそろ海に行かないと。 宿から海は眼と鼻の先。しかし海に出るにはフィッシャーマンズ集落を抜けなければならないのだが、この集落がすさまじい。海岸のスラム街そのもので、そこに住む人々というのがつまり。。もともと漁をする(=動物を殺す)...

続きを読む >

プリー観光に行き、帰ってきて冷める俺

奥に見えるのが寺院

 プリーの観光は自転車が便利だというので、さっそくレンタサイクルを手配して出かける。レンタル料2Rs。宿の周辺は人通りが少なく、道も広いためがらんとして見える町。インドらしくはない、というのが第一印象ではあった。プリーの観光地といえばジャガンナート寺院でしょう。前回の記事にも書いたとおり、この...

続きを読む >

マドゥライ観光でもしようか

マドゥライの宿

 昨夜マドゥライに到着し、吐瀉物のような夕食をとり、汚すぎるシャワー室で汗を流し、これまた汚すぎるベッドで南京虫やダニカビその他害虫に怯えながら眠ったわけですが、今朝は早起きしました。それはなぜか。。涼しいうちにさっさと観光を済ませるためです。 マドゥライの観光地といえば、ミーナクシー寺院であ...

続きを読む >

インド最南端の町へ

カンニャークマリの荒海

 世界一じめじめした町コーチンにいます。南インドの港町です。私は今、コーチンの宿におります。時間は早朝3:00。おかあさん、僕はこれから次なる町に旅立ちます。インド最南端の町・カンニャークマリへ。 4時前にはチェックアウト。移動手段はもちろん列車。俺の泊まった宿は、エルナクラム・ジャンクション...

続きを読む >