マナーの虎

投稿日時:2010/05/14(金) 00:22rss

 いつぞやのブログ記事で、人は見た目がとても大切、とのたまったのですが、続編。見た目というか、マナーになるのかな、「歩き方」と「食べ方」について

 両者とも人目にさらすことが前提ですが、両者とも強く習慣づいているものです。なかなか嘘がつけない行動です。

 まず歩き方。僕のように、美しくエレガントな完璧な歩き方ができる人ってすごく少ないと思う。僕は男性でも女性でも、歩き方をよく観察している変態なんだけど、男女ともけっこうガニマタが多いんだよ。男はほとんどガニマタ。別に悪いことじゃないけど、見た目がやっぱり不細工。
 美しい歩き方は、その形だけじゃない。歩きながら携帯いじらない、荷物や傘がぶつからないようにする、正面から人が歩いてきたら速度を落としてすぐにどちらかに寄る、などといった周囲への配慮ってのがある。携帯いじりながら歩いてる奴は死刑にすべき。

 食べ方について。これに関しては自信がない。僕の父親の食べ方が極めて汚く、そんな家庭でろくにしつけもされずにきたので。家を出てもしばらく気付かなかった。マナーというものを身につけなければならなくなった社会人あたりから、ようやく意識して改善するようになった。しかしまだまだ全然ダメ。今さら育ちの悪さを取り繕うなどとは考えていないけど、周囲に不快な行動をしていないか心配。さすがに音を立てて食べたり犬食いなんかしないけどさ。ただ、箸の使い方はかなり意識している。父親の箸の使い方のひどさを晒したい。一般的な箸使いのタブーを下記に挙げる。

■刺し箸 料理を箸ではさまずに、突き刺して取ること
■探り箸 食器の中をかきまわして、箸で中身を探ること
■迷い箸 どの料理にしようか迷って、箸を料理の上で行ったり来たりさせること
■寄せ箸 箸を使って食器を引き寄せたり、押したりすること
■涙箸  箸の先から汁をポタポタ落とすこと
■ねぶり箸 箸についたものを口でなめること
■かき箸 食器のふちに口を当てて、箸で料理をかき込むこと
■握り箸 箸を握ったまま手で食器を持つこと
■箸渡し 箸ではさみあげた料理を、はしからはしへ受け渡すこと

 貴様らはこんな大人にならないようにね。

 というわけで結論です。マナーは相手があって成り立つものですから、少なくともその相手を不快にさせない、迷惑をかけないことが最低限でしょうね。歩き方も食べ方も、常に相手を意識していれば少しずつ改善できるかもしれません。がんばろっと。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
92f61a196ed185fd81593c904fbf70fb.png?1506216845
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

<< 2017年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ最新記事