王将の研修

投稿日時:2010/04/14(水) 10:05rss

 先日、TVで「餃子の王将」の新人研修密着番組をやってたんですが、おもしろかったです。ネットではこれを「ブラック」とか言ってますが、だんだん「ブラック」の定義がずれてきてないか?ネットの連中は、厳しければ即ブラック判定だもんな。まあ外食産業が厳しいのは間違いないみたいだけど。王将がブラックかどうかは別として、壮絶な研修を興味深く見ていました。興味深くというか面白くて。

 いわゆるスパルタ教育で、鬼教官と新人たちが数日間軟禁状態でたたきこまれるもの。プライドを完全に踏みにじられ、徹底的に洗脳される。フルメタルジャケットの訓練さながら。この徹底した研修が王将の好業績につながっているかはわかりませんが、社会人になるきっかけとしては別に悪くはないと思うんだよね。特別良いとも思わないけどさ。社員教育は企業のポリシーに委ねられるから、外野がどうこう言えるものじゃないしね。

 個人的にはこのような研修は無意味、時間の無駄だと思う。どうせ成果としては「その時から1~2週間はモチベーションを維持できる」程度じゃないの?短期間で叩き込まれたことなんかすぐに忘れてしまいます。継続しなければ意味がない。ただ、同じ境遇を共にした人間同士の結束はたしかに強くなります。この信頼関係をつくることがスパルタ研修の狙いのひとつかもしれない。

 社会人になるとコミュニケーションを常にとリ続けないといけない。そのコミュニケーション手法は職種によって、または企業によって千差万別なわけです。特に外食は接客がとても重要ですから、コミュニケーション能力は特別求められます。甘ったれた学生根性で企業全体のイメージを悪くしてしまうことは相当な損害ですからね。

 OJTといっては「自分で学べ」と放置したり、研修をやってもだるいマニュアルだけのセミナー形式だけ、という新人教育が行われている現在、スパルタ研修は時代遅れに見えるかもしれないけど、クソの役にも立たない新人にこれだけコストをかけられるというのはすごいというかくるっているというか、まあおもしろいじゃん。内容も別に間違ったこと教えているわけでもないし。本人のためになればそれでいいでしょう。スパルタ研修の先に、自分でこの道あの道を選択すればいいじゃん。

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ最新記事