スタンディングルーム 鈴傳(四ツ谷)

投稿日時:2014/03/13(木) 10:54rss

 あ、この酔い方は明日くるな、と思って眠りにつく。翌朝案の定二日酔い。


 スタンディングルーム 鈴傳(四ツ谷)

 創業は江戸時代。160年も続く酒屋・鈴傳に併設されている都内屈指の角打ち。営業は平日17時~21時のみで、常に満席状態なので、近場のサラリーマンしか来れないであろう。角打ちなので当然立ち飲み。カウンターと小さなテーブルがいくつかあって、キャパは30人程度でしょうか。キャッシュオンデリバリーの清算方式で、酒、料理は都度支払う。酒のメニューは主に地酒。瓶ビールやハイボールもある。料理はその日によって違う。作り置きのものだけで、売切れたらそれまで。とても家庭的で美味しい。値段はどこにも表記されていないがおそらく一律350円。酒は400~600円くらい。まさに仕事帰りのサラリーマンのオアシスである。「呑ん兵衛が 語る言葉に 裏はなし」 89点。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
498ff7de32d406a46dd4b5c5601a765d.png?1503059759
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ最新記事