• TOP
  • 酒場巡りブログ
  • インドルピー約18年ぶり大幅下落、海外勢売り止まず再び最安値

インドルピー約18年ぶり大幅下落、海外勢売り止まず再び最安値

投稿日時:2013/08/29(木) 12:34rss

 最近プロデューサー巻きなどというものが流行っていて滑稽。アホかこいつらは。


 28日のアジア通貨市場で、インドルピーは引けにかけ再び下げ足を速め、最安値を更新した。
 終値は3.7%安の1ドル=68.80/81ルピー。1日の下落率としては1995年10月以来およそ18年ぶりの大きさとなった。一時は最安値となる68.85ルピーまで売られた。
 景気減速や財政赤字拡大への懸念を背景とするインド資産からの資金引き揚げが止まらない。中銀の介入後もルピーの下落には歯止めがかかっておらず、心理的節目となる70ルピーの水準が目前に迫っている。(2013/08/29 REUTERS)

 インドでは石油価格が大幅に上昇しているようです。輸入に依存しているため、コストが上昇⇒経常赤字が拡大し、インド国債も下落したかたちです。国債価格が下落すると利回りは上昇するため、借り入れコストも上昇し、景気減速が懸念されるわけです。当然のように株価も下落。自国通貨が常に不安定なインド経済は、インフレと欧州信用不安という内憂外患状態が続いております。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
2696cc4c668754d10648fcd4cb55d728.png?1503503192
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ最新記事