世界文化賞受賞のラヴィ・シャンカール氏死去

投稿日時:2012/12/13(木) 01:17rss

 今年は忘年会が少ないよ!検診ひかえてるから助かる。

 インドの民族楽器「シタール」演奏の第一人者で作曲家、第9回高松宮殿下記念世界文化賞音楽部門受賞者のラヴィ・シャンカール氏が12日までに米国カリフォルニア州サンディエゴで死去した。92歳。インドメディアが同日、報じた。
 1920年4月7日、北インドのベナレス生まれ。兄ウダイ・シャンカールが主宰する舞踊団の一員として欧米各地を巡業、各国の言語、文化、音楽にふれる。15歳で高名なシタール奏者の故アラウディン・カーン氏に弟子入りし、7年間修業。25歳から演奏活動を始め、欧米の音楽界とも積極的に交流、52年に訪印したバイオリニストのユーディ・メニューインとは「ウエスト・ミーツ・イースト」三部作のレコードを制作し、一作目は67年度のグラミー賞最優秀室内楽演奏賞を受賞した。(2012/12/12 産経)

 ここ数年、呼吸器系や心臓の病気を患っていたようです。残念です。R.I.P.

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
a9d74aa3055b66f5462a57ecf4fcd103.png?1498621333
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ最新記事