インド、空母や潜水艦購入に2兆円 中国海軍の強大化懸念

投稿日時:2012/12/11(火) 18:59rss

 寒いわ。朝つらくなってきてもうサマータイムどころじゃないよ。。

 防務世界網の12月7日付の情報によれば、インド海軍は先ごろ、「今後5年間で247億米ドル(約2兆円)を投じ、空母や次世代潜水艦などの海軍兵器を購入する」と発表した。
 インド海軍のジョシ海軍参謀長はこのほど、「中国の日増しに強大化している海軍戦力は懸念要因だ。インドは戦略を見直す必要がある」と語った。
 2012年初め、インド海軍は入札により、9億ドルでヘリコプター56機の調達を計画。海軍は2016年から汎用ヘリコプターを導入する。今後8年間で56機のヘリコプターと3台のシミュレーター、28台の予備エンジンと関連設備を購入する方針だ。海軍はまた、40億ドル超を投じて、75機以上のヘリコプターを購入する。(2012/12/11 xinhua)

 実はインドは空母保有国なんです。イギリス海軍の退役空母を買い取って運用しているようです。その他にも2隻建設中とのこと。対して中国は1隻の空母を保有してますが、これが実戦レベルになるのは数年先といわれています。しかしながら将来的には原子力空母を含む4隻の建造を目指しており、この計画の完成は2020年を目途とされているようです。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
b061c2ab0ab8b10365fa026b5c8e6f83.png?1498621004
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ最新記事