インドでMBAブームに幕、経済失速で卒業生にも格差

投稿日時:2012/09/10(月) 15:19rss

 そろそろ夏休みを取ろう。

 インドで過去5年にわたって続いてきたMBA(経営学修士)ブームが、ここにきて急速にしぼんでいる。経済の失速を受け、高額な授業料を払ってMBAを取得しても、高収入な仕事が保証されなくなったことが背景にある。
 格付け機関クリシルによると、MBAコースを提供しているビジネススクール約140校が、年内に閉鎖するとみられている。2006─07年に15─20%だった欠員率が2011─12年は35%に上昇するなど、ビジネススクールでは定員割れの傾向が強まっているという。(2012/09/10 REUTERS)

 知らなかった。インドではMBAブームだったのか。MBAって、受講した学校が肝心じゃないですか。それこそハーバードビジネススクールとかスタンフォードとかMITなんかだと文句なしにグローバルな逸材として認知されますよね。日本の大学でもMBA取得できるけど、そもそも日本語MBAという時点で論外。島国に引きこもる日本人にとっては、MBAというのは箔をつけるためにあるようなもんですよね。
 実際に、インドの一流ビジネススクール卒業生の平均初任給が年間180万ルピー(253万円)なのに対し、それ以外のMBA取得者の初任給はその4分の1程度にとどまっているらしい。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
86193660d8451ce25ed632f2c9366513.png?1498354997
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年6月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ最新記事