【インド】バルティ・アクサ、失業保険の発売を計画

投稿日時:2012/08/16(木) 10:45rss

 先日は終戦記念日。右翼街宣車がうるさかった。ノリノリだったよあのクソ在日ども。韓国大使館前が大騒だった。
 韓国大統領が絶賛発狂中ですね。当初は日本寄りだったのに見事に手のひら返し。天皇に向かって謝罪しろとか宣戦布告レベル。なにしろ退任と同時に逮捕確実、どころか暗殺される可能性もあるため文字通り必死です。日本をたたくことでしか人気回復を図れないという情けなさ。竹島訪問については、保守寄りの産経が紙面で激怒してたけど、朝日のそっけなさは期待どおりでしたね。

 シャープが本格的にマズイ状態になっていますね。もうカウントダウンに入ったかな。その昔、カオスU.K.というハードコアバンドが「SHORT SHARP SHOCK」っていうアルバム出してたけど、まさに今、ショート(空売り)されるシャープ・ショックだよ。栃木で失業者が急増するか。地方も企業頼みじゃダメだよね。地方役人はもっとアタマ使わないと。

 損害保険大手バルティ・アクサ・ゼネラル・インシュランスは失業保険商品の発売を計画している。
 現在、当局に承認を申請中。承認が下りれば今年度中にも発売を始める方針。経済が減速傾向にあることを受け、職を失い収入が途絶えても金融機関などから融資を受けられない個人を対象に売り込む。
 欧米では失業保険製品の普及が進んでいるが、インドではICICIロンバードが2009年に商品を発売した程度で、あまり一般的ではないのが現状。専門家は、今後インド経済が世界経済との結びつきを強め、影響を受ける度合いが高まるに従いこうした商品の需要は増えるとの予測を示している。(2012/08/16 インド新聞)

 まあ、ニーズはあるんじゃないでしょうか。バルティ・アクサはインドのバルティ・エンタープライシズとフランスの保険大手アクサ・グループの合弁会社。出資比率はバルティが74%と過半数を保有。バルティは合弁会社を数多く手掛けており、ウォルマートやソフトバンクなんかとの合弁は有名どころ。
 インドの失業率は、直近データで約9.4%。日本が4%台、アメリカが8%台なのでまずまずの数字。ちなみにギリシャは11%程度と意外に低く、高いのはやっぱりスペイン24%。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
43bedc88aeae34bbd49f077abddd98bd.png?1493283552
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ最新記事