無題の雑記

投稿日時:2012/10/10(水) 08:26rss

 通勤時間を使って、コツコツと「金八先生(第6シリーズ)」と「女王の教室」を視聴していた。同じ教育がテーマのドラマですが、対照的でおもしろかった。どちらもいい!とってもいい。金八先生は言った「15歳、志学の時です」「人間、死ぬことに意味はない。大事なのは、どう生きていこうとしたか」 阿久津先生は「自分の人生くらい、自分で責任持ちなさい」「今しかできないことを一緒懸命やりなさい」と。こういった強いことばはオトナも肝に銘じるべき。

 話が変わります。仕事柄、会社経営とか事業拡大とか資金調達とか経営戦略とかの情報をいろいろ聞く機会があるんだけど、とくに戦略/マーケティングについての理論が古臭い気がする。よくいわれる、事業を行う上で不可欠な3要素「ヒト、モノ、カネ」ってのがどうも納得いかないわけですよ。このロジックは、高度経済成長期のメーカーの論理でしょう。業務効率を上げ、生産性を上げ、さまざまなコストを削減することで相対的に利益を上げるというのは、モノが売れるという前提の話。売り手市場すなわちモノが充実していない時代の話なわけですよ。過去にこの方式で成功をおさめてきたもんだから、いつまでも3つの不可欠要素などと言われ続けているんでしょうね。間違ってはいないと思いますが、それだけでは不十分ではないかなと。今の日本は市場が成熟してモノが売れない。人件費を下げて効率を上げてもたくさん売れなければ社員のモチベーションも下がり、製品やサービスの質も下がりかねない。

 売り手市場の時代は魅力的なモノがたくさん生まれました。自動車、洗濯機、掃除機、テレビ、電話などなど。。これらはライフスタイルを変えるほどの恩恵をもたらしました。でも今の時代、そんな製品を作ることは至難。iPhoneレベルのインパクトが必要です。事実、iPhoneの売れ方はかつての高度経済成長期の売れ方と似ている。店頭に並べば広告や営業をするまでもなく、売れまくる。いまだに売れまくっている。

 どの会社も「売れない売れない、そうだ海外で売ろう、M&Aで規模を大きくしよう」という発想に至っていますが、商売の本筋を失っているように思える。「ヒト、モノ、カネ」にとらわれている限り・・。では何が足りないかと言われてもボクは困っちゃう。でもひとつ確かなことは、「顧客」を見ていないということだと思う。見ているようで見ていない。お客様のために!社会に寄与するために!などと理念をふりかざしていますが、吐き気がするほどの建前。就活生も大変だ。そんな嘘っぱちを面接でおだてあげないといけないんだから。建前じゃないというのなら、顧客の声を聞くことに一番コストをかけるべき。しかも、効率は捨てるべき。顧客と直接対話をするような、ひとりひとりに合ったサービスを真摯に提供することだと思う。社会が成熟し、情報にあふれている今こそ、近江商人流の売り手よし、買い手よし、世間よしの「三方よし」に注目すべきでしょう。商売は結果的に世間に繁栄をもたらすべきです。いまの大企業は理論的にROI重視、効率的業務を行わなければやっていけない。これからメーカーを先頭に次々と窮地に立たされていくでしょう。顧客を無視して社員を切り捨てて利益のみを追いかけ、人材や技術を流出させ、ここまで日本を衰退させた報いを受ける時です。終身雇用、年功序列制度なんてものは崩壊します(ついでに男女雇用機会均等と非正規雇用もやめて。女性はできるだけ家庭を守り、その分正規雇用すればいいじゃないの。子どもも増えるし。男女の役割ってものがあるでしょう)。

 社会に失望するのは大いに結構。そのあと立ちあがることができればいいのです。自活する方法を、そろそろ若い人は考えていかないとね。小さい子どもをもつ親は、サッカーやらピアノやら英会話を習わせるのもいいですが、子どもには自助力をつけさせなさい。家庭ではそういう教育をしなさい。ドラマと違って、現実の学校教育はまったく当てにならないからね。

コメント


1年ほど前から何故だか無性にインドに行ってみたくなりネットで旅行記等を
検索して辿り着いて、最初から読ませて頂きました。多分、他者から観れば
自分は今のところ勝ち組なんだと思いますが、何だか満たされない気持ちが
いっぱいで、「贅沢だ」って自分でも思うんですが何故か納得できなく
って・・。
今回の記事も何だかスッとしました。中途半端な書き込みで申し訳ありません
これからも読ませて頂きます。

Posted by 通りすがり at 2012/10/10 23:23:08+09 PASS:

まさにハングリー精神ですね。とても素晴らしいと思います。
私もその気持ちを忘れないようにしたいのですが、なかなか難しいものですね。。

もはや旅行記は更新できませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted by 管理者 at 2012/10/12 10:06:01+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
c013bfc4c69f5ded79eff1c19ef64eec.png?1493284196
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ最新記事