• TOP
  • 酒場巡りブログ
  • インドがジェネリック医薬品の無料提供を計画、大手製薬に痛手

インドがジェネリック医薬品の無料提供を計画、大手製薬に痛手

投稿日時:2012/07/06(金) 12:01rss

 金八先生第6シーズンを見ております。もちろん上戸彩がかわいくて仕方ないわけですが、彼女が演じる人物が誰かに似てる。そう、FF13のライトニングさんに似てるんだ。だから何なの。

 インド政府は、全国民に無料でジェネリック医薬品(後発医薬品)を提供することを計画している。予算規模は54億ドル。
 計画では、公共医療機関の医師は無料のジェネリック薬をすべての患者に処方することが可能になる。
 この計画は昨年承認されていたが、これまで公表されていなかった。当面の予算配分は数週間以内に発表される見通し。(2012/07/06 REUTERS)

 インド政府は、新制度の導入で、5年以内に最大で12億人の国民の半数が恩恵を受けるとみている。
 インドは医薬品の分野で世界有数の成長市場。医薬品売上高の約90%をジェネリック医薬品が占めているわけで、製薬会社にとっては相当な痛手となる。ちなみに、処方はジェネリック薬に限定されており、商標登録された薬を処方した医師は処罰されるとのこと。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
e01deb61e19d20fd06e59a1b42d4f85f.png?1508212515
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ最新記事