王子製紙がインドで段ボール箱製造 20億円を投資

投稿日時:2012/05/08(火) 10:16rss

 torneの後継機・nasneが7月に出るんだってね。これでぼくのテレビライフが活気づくわ。BS,CSでもマーシャルにイライラすることもなくなるというのはうれしい。

 王子製紙は7日、インドで段ボール箱の製造を始めると発表した。6月に100%出資の現地法人を設立。2013年度中をめどに年間約4500万平方メートルの生産能力を持つ工場をつくる。総投資額は20億円。国内製紙会社によるインド進出は初めてで、日系企業だけでなく、現地企業の需要も開拓する。
 現地法人は「王子インディアパッケージング」(ハリヤナ州)。資本金など詳細は今後詰める。この会社が主体となって、デリー近郊に工場用地を取得する。従業員はフル生産時で300~400人の規模になる。(2012/05/08 Nikkei)

 もはやペーパーレスの時代になりつつあるが、段ボール需要は逆に大きくなってるよね。物流にも深くかかわるところだし。この度のインド進出は、現地製紙会社から段ボール原紙を仕入れて加工し、まずは日系の家電製品や自動車部品のメーカーに売り込むとのこと。当然、現地企業の需要も取り込んでいく模様。拠点をインドにしたのはインド国内の需要をみてのことだと思います。

 王子製紙は、ぼくが尊敬する渋沢栄一が設立にかかわった会社。その名のとおり、北区王子が最初の拠点だった。かつては自社工場のための発電事業もやってたらしいね。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
b9242b35d38e634a8d20493eea8e2041.png?1513325675
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ最新記事