【インド社会】交通違反に対する罰則が一気に厳格化

投稿日時:2012/03/02(金) 12:45rss

 金八先生第5シーズンの再放送がはじまってから、ぼくの水曜日は潤っている。

 

インド政府は3月1日、違反者により厳格な罰金を課すことを定める自動車法(Motor Vehicle Act)の修正案を承認した。同日付でナブバーラト紙が報じた。
 
 全国で発生する交通事故件数の急増と深刻化を背景に、この修正案は飲酒運転や交通法規違反を犯した者に、より高額な罰金、および最大では懲役を科すという非常に厳しい内容となっている。
 
 例えば、飲酒運転の場合の罰金は、アルコール検出量に応じて500ルピーから最大5,000ルピー、また違反の頻度に応じて運転中の携帯電話 の使用は500ルピーから最大5,000ルピー、シートベルトやヘルメットの着用不履行は500ルピーから最大1,500ルピー、未登録の車両の運転は最 大2万ルピーと定めている。未成年者の交通違反は、運転していた車両の所有者に罰則が科せられる。(2012/03/02 インドチャンネル)

 ついにメスが入ったか。インドの交通事故発生は日本の約50倍らしいね。特にムンバイのあるマハラシュトラ州がひどいらしい。まあ自動車の多さが際立ってますからね。
 インドに行けばよくわかるけど、とにかく無秩序状態でいつ事故が起こってもおかしくない状況。自分勝手極まりないこの世の地獄。ルール無視は当たり前、車間距離は数十センチレベル、ちょっとでも隙間が空いていれば強引に割り込む、ジャマだどけアピールのホーンが鳴り渡り、お互いを罵倒し合う声も飛び交う。歩道には人があふれ、店を開き、牛やヤギや犬があふれ、物乞いもあふれ、かれらも遠慮なく往来し、道路を横断し、ルール無用状態。
 罰則がかなり強化されたわけですが、これだけ多くの人間と車を抱えた社会を、罰則だけでコントロールできるわけがない。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
6fe7165b4f3298529fb6bfa91287d91f.png?1508192419
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ最新記事