インドの“オタク”興奮 日本漫画500冊展示

投稿日時:2012/02/27(月) 18:04rss

 ウェイパァー(味覇)を買った。中華料理って油っこいからめったに作らないんだけど、我慢できずに買っちゃった。昨日はナスとチンゲンサイのチリあんかけと、玉子とモヤシの中華スープ作りました。確かに美味いわ。

 インドの首都ニューデリーで25日から始まった国際図書展で、日本の漫画500冊以上を紹介する展示会があり、インドの“漫画オタク”の若者らが興奮しながら立ち読みにふけっていた。
 日本とインドの国交樹立60年を記念し、国際交流基金などが企画。「NARUTO」や「ONE PIECE(ワンピース)」といった人気作品など計552冊が展示され、英語版が自由に読め、コスプレ体験ができる一角も設けられた。(2012/02/27 産経)

 国交樹立の記念がどうして漫画なんだよ。漫画やアニメって日本が誇るコンテンツ(笑)だっけ。天下り外郭団体風情が税金使って漫画の宣伝です。出版社とタイアップしてるんだろうね。金にはなるかもしれないけど公益性がほとんどないのがいわゆるオタク文化。
 知る限りでは、インドにおける漫画は、ヒンズー教が題材のものが多いらしい。意外、というかやはりカーマスートラ漫画もあるらしい。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
e605689e220aeda8a7999a98bbd5f44e.png?1513324915
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ最新記事