スターバックス、8月にもインド1号店をオープン

投稿日時:2012/02/02(木) 12:07rss

 シャープも赤字だってね。液晶パネルといえばシャープというくらいだったのに、安くなりすぎたからね。パナソニック、NEC、ソニー、任天堂など世界的なメーカーが窮地に立たされている現実。何が起こるか分からない世の中で、安泰なんてものはないということですな。ものづくりはできても儲け方が下手なんだろうね。

 大手コーヒーチェーン、スターバックスのインド1号店が、今夏にもオープンする見通しだ。
 同社は先日、国内紅茶大手タタ・グローバル・ビバレッジズ(TGB)と50:50の合弁会社「タタ・スターバックス」を設立した。代表の有力候補はタタ・グループ傘下の小売企業トレントのタタ・ノエル会長で、店舗名は「スターバックス・コーヒー・ア・タタ・アライアンス」が予定されている。(2012/02/02 インド新聞)
 先日打ち出した外資直接投資の規制緩和以来、インド国内で新規事業に乗り出す外資はスターバックスが初。スターバックス は昨年、TGB子会社のタタ・コーヒーとコーヒー豆の供給契約を締結しており、今後は本業のコーヒーチェーンでインド市場の開拓を目指す模様。年内に50店舗オープンの予定。

 TGBはもちろんタタグループの一員。世界第二のティー・カンパニー。タタティー、テトリー、ヒマラヤの天然ミネラルウォーター、コーヒー等の商品を世界中に供給している。
 タタコーヒーは、TGBの子会社。アジア最大のコーヒー農園会社で、インド国内においてはインスタントコーヒーの第3位輸出国です。ヨーロッパ、アジア、中東、北米の国々に輸出しています。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
6c51dfb914cab362b3ee6012465a2c58.png?1508456727
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ最新記事