インド、スマートフォンの年間出荷台数が1,000万台を突破

投稿日時:2012/01/27(金) 14:09rss

 スマートフォンって必要ではないよね。物珍しくて買ったけど2カ月したらほとんど活用しなくなったという人が多いじゃん。俺の周りだけかな。あたいiPodタッチだけど、使うのはブラウザとメールと乗換案内と地図と音楽プレーヤーとニュースリーダーくらい。最初はいじりまくってたけど、そんなもん。スマートフォン1台持つよりも、PDAと普通の携帯電話2つ持ちが一番コストパフォーマンスいいよね。スマートフォン高すぎでしょ。みんな回収できてるの?

インドの昨年のスマートフォン出荷台数が、11月末時点で1,000万台を突破したことが、調査会社サイバーメディア・リサーチ(CMR。本社グルガオン)の調査で明らかになった。PTI通信が1月24日付で報じている。(201201/27 インドチャンネル)
 インドで急速に普及するスマートフォンの購買者属性は大都市の富裕層がメイン。一種のステータス的なものである。が、今後、中産階級へ爆発的に普及していくものとみられている。※参考:スマートフォンの近未来の市場規模を国別に比較 

 2011年11月現在、インド携帯電話市場、スマートフォン市場に占めるシェアはそれぞれノキアが25%、45.8%、サムスンが15%、21%となっている。携帯電話市場の20%をインドの携帯電話メーカーが占めており、インドのスマートフォン市場は年間68%増で伸びているという。インド国内にも携帯電話メーカーはあり、Micromax、Maxx Mobile、Lava、Rage Mobile、Spice Mobilesといった代表的なローカル企業もスマートフォン市場に続々参入。スマートフォン自体の価格は上昇しているといわれていますが、前述のローカル企業の積極的な参入により、消費者側もスマートフォンという選択肢に絞られていくことになるでしょう。これが爆発的に普及する見通しの根拠。

 しかしながら、昨年のニールセンの調査によると、インド人のスマートフォン平均利用時間は2時間半で、若年層は1日に2時間ネットサーフィンを、31分間メールをするとの結果。つまり電話機というよりPDAとしての利用ということですね。日本も似たようなもんだけど。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
e75b02af01148caff844ea2af782be52.png?1490757697
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年3月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログ最新記事