タタ・グループ総帥の後継者人事

投稿日時:2011/11/08(火) 01:25rss

 先日、ぼくの誕生日だったわけですが、相変わらず親から何の連絡もないため電話したら「ごめん、忘れてた」とのこと。実家を出てから毎年のことなので別にいいんだけど、母ちゃんに伝えたかったんだ。俺を生んでくれてありがとう、と。こんなセリフ初めて言ったわ。母ちゃん感動して泣くかと思ったら爆笑してたよ。

タタ・グループの持株会社タタ・サンズの会長を務めるラタン氏は現在73歳と高齢であり、2012年12月に定年を迎える。問題は、ラタン氏には結婚暦がなく、後継者といえる子どもがいないこと。グループ内では後継者選びが行われていると言われているが、いまだに候補者の名前は浮上していない。(2011/11/07 モーニングスター)
 インド3大財閥の一つタタ・グループ。ラタン氏の曽祖父にあたるジャムシェトジー・タタが創業。イギリス植民地時代に綿貿易会社を設立したことが始まりで、その後、積極的なM&Aを展開しながら、鉄鋼、自動車、ホテル、紅茶事業、時計、家電など100社以上、従業員数約30万人の巨大グループに成長した。インドとは思えないきちんとした規律正しい会社みたいで、外国からの信頼も非常に高いらしいね。創業者がゾロアスター教だったということもあり、カースト制は否定しており、身分問わず有能な人間を登用してきたことも成長要因だと思われる。しかしながら、トップ人事は別問題。この後継者問題がどうなるのかは気になるところですね。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
c546608403e434cfc96f276cf3ff8fa8.png?1493241722
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年4月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ最新記事