三菱重工がインドに発電システムの売り込み

投稿日時:2011/11/01(火) 00:43rss

 今朝のNHKのまちかど情報室で折りたたみギターが紹介されてた。よくネックを折りたためるよな。価格調べたら6万~だった。次はボディを折りたためるといいよね。折りたたみといえば、シリコン製のくるくる巻けるPCのキーボードが欲しい。bluetoothで使えるやつ。iPod用に。http://www.tradeworks.co.jp/pdf/20110228_tw.pdf


 表題のニュースについて。
三菱重工業は31日、インドに原動機事業を統括する新会社を11月1日付で設立すると発表した。インドの発電設備市場が急増する中、同社の効率の高い発電システム「ガスタービン・コンバインドサイクル」(GTC)など発電システムの売り込みを強化する狙いだ。(2011/10/31 sankei)
 インドの停電の多さはうんざりするほど日常茶飯事で、かつてインドでお世話になっていた家族に手回し充電できる懐中電灯でも送ろうと思っております。インドで停電が起こるとろうそくに火を灯すのがほとんどなのですが、比較的裕福な家庭は原動機を設置しているところも多かったです。発電に関しての需要は大きく、市場規模も相当なはずですが、駅構内ですら停電が頻発するインドはいったいどうなっているのだろうかと旅している頃は思ってました。まあそれだけインドは広いってことかもしれませんが。

 ところで日本政府は以前からインドに向けて原発輸出を検討しており、福島の一件があるにもかかわらず推し進めている。数年前のスマトラ沖地震にともなう津波の影響や、それ以前にもインドでは原発事故が起きており、メルトダウン寸前という事態だって経験している。それでもインド政府は原発が欲しい。そもそもインドは核保有国だから原発輸出とか本気かよと思うけど。

 インドはあまりにも広いわけですから、原発使った大規模な送電網じゃなくて、州とかのローカルレベルで発電システム立ち上げる方が良いんじゃないのかしら。インバーターも一つの手段ではあるけど、インフラは行政主導じゃないと厳しいとも思う。しかしながら膨大な人口をまかなえる発電システムがインドで構築できれば、我々関東の人間も東電のようなゴミ会社に頼らなくて済むモデルとして恩恵を受けることができそうですね。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
d95f994fee74c94e61d6b4fefc4f7ae7.png?1503503120
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年8月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログ最新記事