東日本大震災

投稿日時:2011/03/14(月) 20:27rss

 本気で死ぬと思った。会社のオフィスが8階だったので揺れが激しかった。この日は4.5時間かけて歩いて帰ったわけですが、東京中難民にあふれてすごかったですね。まだまだ安心できないばかりか2次的な問題もたくさん出てきてて現実とは思えない状況ですね。。

 少なからずバックパッカーの経験が役に立つなと思ってて、4時間歩いたのも革靴だったのがきつかったものの、インド歩いてたときはもっと歩いわけだし、その上炎天下プラスクソ重いバックパック背負ってたわけですからね。いまお店も物がなくなりつつありますが、何が必要なのかなんとなくわかるってのもあるし、トイレだっていつも手できれいにしてるから紙がなくなっても問題ない。水があればだけど。旅の経験が生きる知恵をつけてくれたのは事実。停電だって数時間なら慣れたものでしょう。

 そんな自分のことはいいとして、テレビで流れる目も当てられない状況にただただ悲しい。これから首都圏もどうなるかわからないし、株価も当然ながら下落してて経済活動を落とさないことも考えなくちゃいけない。仕事をしないわけにはいかない。交通手段がなかった今朝も、意地でも仕事に行こうとするサラリーマンたちに少々あきれながらも非常に心強いところを見せられて胸を打たれた。ウソ、アホかこいつらと思った。終わってるわ。

 ただでさえ希望がない日本に追い討ちをかけるような出来事ですが、日本人は戦後の焼け野原や阪神震災からも立ち直った最強の民族だと信じています。
 海外からの支援をこれほど受ける立場になったのも稀じゃないでしょうか。日本人が築き上げてきた信頼がこのような形になって返ってきたわけですよね。今は信頼を失うことが多いけど。政治的にね。

 とにかく今、貴重な経験をしているなと。目に映るものがすべて衝撃。まったく見たことのない新しいもの、経験しなかったことが将来に活かせるよう。いつ死ぬかわからないような状況ですが、生き延びて立ち直った後、日本に新しい希望が生まれているよう、今時分ができることを一生懸命やろうと思います。東北には友人がたくさんいるし、連絡先を忘れたもののかつては親しかった人も甚大な被害を被った場所に住んでいる。

 多くの日本人がそれぞれの思いで一生懸命動いています。それらすべてが報われるよう祈りつつ、明日は働こう。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
afd1516220a879ad126065ec4174ab36.png?1508437034
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2017年10月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログ最新記事